BLOG

髪を乾かす正しい知識

2020.7.24 <髪のお悩み>

今日はドライについて





毎日お風呂、もしくはシャワーを浴びる日本人にとっては
同じく毎日行うものになります。

まずは、お風呂上がり
これは髪の毛も濡れた状態になっていると思いますが

濡れた状態で長い時間乾かさずにいると
どうなるか・・・


これは良くなく
菌などが繁殖しやすい状態になっていて

この状態を長く放置しない方がいいです。

ですのでなるべく早めに乾かし始める。
これが正解です。

菌というのも特に頭皮付近に生じやすいので

とにかく先に頭皮(根元付近)を乾かしていきます。
さらに頭皮を乾かすと
根元がふわっとしてボリュームが出やすい状態になります。


ロングヘアーの方などは
毛先の方が濡れていて
先に乾かしたくなりそうですが
やはり上記の理由から先に頭皮を乾かしてあげた方がいいです。

徐々に毛先に向かって乾かしていく。
この流れで行っていきます。

そして
普段の疑問の一つとして
ドライヤー。

これのイオンの効果とは?

髪の毛は多少プラスに帯電していて
特に冬などは静電気が起きやすい状態です。
ドライヤーのイオンのマイナスの効果で
中和し、収まりをよくしていく。


こういった効果があリますので

イオン効果のあるドライヤーもすごくいいものになります。

全体的に乾かし終わって毛先も乾いて来た。

そこで終了ではなく、

温風で乾かして来たのを
最後に冷風に変えて風を当てていく。


これはお肌にも言えることで、
スキンケア
特に洗顔などでも
最後にお肌を冷やすことで
お肌がキュッと引き締まる収斂(しゅうれん)効果
というものがあり

髪の毛にも同じことが言えて

冷風を当てることで
キューティクルが引き締まり
艶が出やすい状態になります

全体的に、特に根元から毛先まで
軽く当てる程度でいいので

やってみましょう。

気をつけたいのが
温風で乾かしすぎる。。


これはオーバードライと言って
髪の水分を過剰に奪ってしまい
乾燥の原因になってしまうので
乾かしながら髪の毛の濡れ具合や水分量を手で
確認し、程よいタイミングで終了するのが
いいと思います。

あとは
乾かすときのポイント
となるのは

特に頭皮や根元に風を当てる時
一方方向から乾かすのではなく
色んな角度から風を当てて
毛穴から生える髪の毛の方向性を
自然な方向に向けてあげる。

逆に言えば
あえてクセを付けたい方には
一方方向から風を当て続けるのがいいかと思います。



よく美容院でも
こういう風に乾かしてくださいね

などアドバイスされたことがある方も
多いかと思います。

実際に現場で見るのが一番早いかと思いますので
また伝える機会があればと思います。


その他にブラシを使いブローをする方もいると思いますが
先ほども伝えたオーバードライにならないようにブラシを使い始めるタイミングには
気をつけましょう。


最近では色んな効果のあるドライヤーも沢山出て来ています。

値段も安いものから高いものまで沢山あります。

こう言った物に頼るのも一つですし

何よりも

・根元付近から早めに乾かし始める
・毛先までオーバードライにならないように乾かす
・最後には冷風で乾かす
・色んな方向から風を当てる



こう言ったドライヤーの当て方。
乾かし方。


これがすごく大事になって来ますので
最初は慣れないと思いますが

色々と試してみてください。

 
blog image

lieula(リューラ) 代表

島津 博之

スタッフページはこちら

lieula(リューラ)

長野県飯田市上郷飯沼3649 [ MAP ]
TEL 0265-48-5909

« ファッションとヘアスタイル 洗い流さないトリートメントどう選ぶ? »

記事一覧へ

Page top